かめ壺仕込み 極一献 かめ七どん 開発ストーリー

かめ壺による醗酵の様子

床に埋め込まれた和甕。大山甚七商店ではこの和甕を仕込みに用い、職人の技が加わって焼酎が出来上がっていきます。「かめ七どん」は2005年に鹿児島酒販協同組合と弊社で共同企画し、ブランド名は組合員から公募したものをミックスし名付けられました。当時、弊社代表は取材に「かめで子供を育てるようにして造ってきた焼酎に大変かわいい名前が付いてうれしい」とコメントいたしました。

蒸留の様子


留出する新焼酎の様子。

熟成したモロミを加熱すると、沸騰しアルコールを含んだ蒸気が発生します。このアルコール蒸気を冷やし集めると焼酎の原酒(新酒)を得る事ができます。さらにここから、年月を加えることにより、熟成した美味しくまろやかな味わいへ変化していきます。

このページの先頭へ